タイピング‎ > ‎

タイピングメモ

キーボードのおき方

キーボードは「P」の位置が体の中心になるようにする。
キーボードは「Q」「A」「Z」が垂直に並ぶようになるまで
右下がりに配置します。
キーボードは体から15cmほど離した状態にします。


右手の置き位置 小指「-」「P」「@」キーの真ん中に置きます。 人差し指「J」におきます。 中指は「I」 薬指は「O」
左手の置き位置 人差し指「F」 中指は「E」 薬指は「W」 小指は「A」 親指は「スペースバー」で「B」キーの真下あたり におきます。 これが基本姿勢。

2006/04/27update (edit)

キーを打つ際の練習方法

タイプウェルでは「スペース→単語」でタイムを
カウントしているようなので1単語をいかに速くを
タイムに反映させる場合はかならず一気に
「スペース→単語」をする必要があります。これが基本です。

そしてそれを意識しつつ
一単語をいかに速く打つか練習。(トップ10タイム 0.090秒/打以内)
二単語をいかに速く打つか練習。(トップ10タイム 0.087秒/打以内)
三単語を以下に速く打つか練習。(トップ10タイム 0.085秒/打以内)
これのくりかえし。(目標秒数は例)

タイプウェルの
得意語句のタイム/打がトップ10すべてが目標秒以内が
安定的に出るようになったら
1単語から2単語、2単語から3単語とステップアップする。
目標秒数は人それぞれ設定する。
一気に打ち込む単語数を一から二、二から三に伸ばせば伸ばすほど
得意語句のタイム/打がトップ10の秒数を少しずつ
短く設定するのもコツ。
これら練習により基礎練習と先読み練習を訓練できる。

これを何度も繰り返し、一気に上記を意識せずに
打ち込んだときに記録が伸びやすい。

あと注意点としてできる限りキーボードすれすれ
を這うように打つこと。動きの無駄をなくす!

2004/01/22update (edit)

ミス縛り

これは20以内で設定した方がベターですが
気分転換に10とか5とか縛りにしても面白いです。
基本は20縛り。

2004/01/22update (edit)

練習の割合

国語Rであれば上記の練習方法を
◇基本常用語 ◇カタカナ語 ◇漢字 ◇慣用句・ことわざ
の割合を6:1:1:2くらいの感じで練習する量を
割り当てる。

一巡した後に基本常用語の記録が伸びる確立が多い。

2004/01/22update (edit)

先読みについて

これは間違っているかもしれないけど
読みながら打つ < 見てから打つ
遅い           < 速い
の関係が成り立つような感じだ。
流れが止まってもいいから見てから打つ方が
断然速い気がする。見るために止まっても
意外と時間がかかってないような気がする。
それより止まって次を見切ってから打つ方がいいようだ。
見切る時間はおそらく思っている以上に短い時間のようだ。

それと先読みのコツとしてD氏よりアドバイス。
先を見るのではなく「眺める!」

速読術の応用のような感じ。
脳みそで読むときに脳みそ中で
声を出して読んでいる行為と
それをしないで認識するという行為は別物なんです。
脳みそ中で読むという行為を
ショートカットして認識できるので
速いんだと思います。
まさに斜め読みの技術。
これでかなり楽先読みができるようになる。

何も考えず
文字をボーと眺めるのもコツ。
薄目を開けて眺める感じ・・・。
打ってる途中でわれに返らないように


2004/01/22update (edit)

指の筋肉の鍛える方法

指割きは絶えずやる。
第二間接を90度に曲げた状態で
指をできる限り開く練習をする。
その状態で開いたり閉じたりする練習をする。

それぞれの指が独立して動くようになるために
指を全部伸ばした状態で一本ずつ独立して曲げる練習。
また握った状態で一本ずつ立てる練習をする。
上記をできる限り速く動かす練習をする。

また、薬指を鍛えることは非常に重要!

特に左手薬指で机に字を書くような練習は効果的。
同じく小指も。

2004/01/22update (edit)
Comments